週末くらし研究家 天野 治美

若い時は伊豆七島の三宅島で海女ちゃんしながら猫と鶏と暮らしてました。20代後半からシングルマザーとなり大阪へ。食の関係で身を粉にして10数年働いてたら身体壊して深く反省。そして転職。現在お休みの日は、個人で古家のリノベーションや農的くらしの勉強会や実践をしながらコツコツ過ごしてます。そちらの様子、ぜひ覗きにきてくださいね。本業のお仕事は就農事業「おむすビーズ」(地域や農業に興味がある人へのサービス事業)に所属してるので、そちらへの相談も受付け可。

日々世の中ではいろんなことが有るから、いろんな悩みや不安な気持ちもあってあたりまえ。私もやりながら進んでます(汗)一生を通じて、どう生きたいか?が変化したり、考えたりするのは良いことだと思ってます。「はたらく、くらす、かんじる」を深堀りしてみたら、もっと選択肢だって見つかるはずです。まずは一緒に「働く」につながる第一歩を踏み出しましょう。まってます!
.