人生相談所 in 奈良
就活に悩んだら、まずはお気軽にお電話下さい。 電話番号 0742-22-5121 平日9時から18時
ホーム > ブログ > 【ボランティア・講話】グリーンマウンテンカレッジ:第一回「手を伸ばす」ー参加・出演しました!

【ボランティア・講話】グリーンマウンテンカレッジ:第一回「手を伸ばす」ー参加・出演しました!

2021.10.06
グリーン・マウンテン・カレッジ

参加者と共に「学び合う場所」

2021年10月2日、奈良若者サポートステーションの利用者さんとスタッフで、グリーン・マウンテン・カレッジというイベントに参加・出演してきました!
こちらのイベントは、奈良市アートプロジェクト「古都祝奈良2021-2022」の中の一環として実施。
コンセプトは「1300年前の歴史や文化が今に息づく奈良を舞台に、美術や演劇など現代の表現を通じて、「その場所」へ集う人々がともに体験し作り上げていくこと。」
その中の一つ、グリーン・マウンテン・カレッジは、対話やワークショップにより学びを深めていくプログラムとなっています。

グリーン・マウンテン・カレッジ
第一回目のテーマは「手を伸ばす」
今回はグリーン・マウンテン・カレッジの校長、小山田徹さん(美術家/京都市立芸術大学美術学部教授)と、奈良サポステのキャリアカウンセラー、井上さんが語り合います。
どんなイベントになるのか?どんなお話を聞けるのか、スタッフは楽しみ半分緊張半分…。

グリーン・マウンテン・カレッジ
利用者さんとスタッフはボランティアとして参加。小山田さんの指示のもと、まずは備品の搬入を行います。

グリーン・マウンテン・カレッジ
テントを組み立てていきます。
大きなテントなので、足場はしっかりとした鉄の棒。1本持つだけで重たい…!

グリーン・マウンテン・カレッジ
テントの中心に、支えの棒を入れて完成!
小山田さんや京都芸大の生徒さん、奈良市やならまちセンターのスタッフの方と協力して出来上がりました。

グリーン・マウンテン・カレッジ
ベンチを出し、焚き火用のストーブを用意します。
段々と夜も更けてきて、続々と参加者の方が集まり始めました。

グリーン・マウンテン・カレッジ
ストーブに火が入りました。
利用者さんとスタッフは、来場された方へ受付をしたり検温をしたり、火の状況を見ながら薪をくべます。

グリーン・マウンテン・カレッジが開校!

グリーン・マウンテン・カレッジ
18時になり、小山田さんと井上さんの語り合いが始まります。
まずは奈良サポステがどのようなことをしているのか?今の就労支援の状況、利用者の傾向などを説明。
そこからどんどんと話が膨らみ、小山田さんの過去におこなったプロジェクトや、北欧に滞在していた時の若者の状況、そして井上さんご自身がキャリアカウンセラーになった経緯まで話が及びます。

グリーン・マウンテン・カレッジ
実は井上カウンセラー、前職は大阪のライブハウスのスタッフとして8年間働いていました。
その時、そこで働いている若者の「働く」ことや「生きる」ことへの意気込みをあまり感じることができず「自分が何か専門的な知識を持っていればアドバイスできるのに…」と思ったそう。
そんな考えから、国家資格であるキャリアコンサルタントを受講・受験し合格。今年の4月から奈良サポステでカウンセラーとして活躍されています。
これには、小山田さんも「異業種からの転職ですね!」と驚き。

グリーン・マウンテン・カレッジ
「ライブハウスにいるキャリアカウンセラーっておもしろそうだなぁ…」とポツリ。
「あそこのライブハウスに行けば相談乗ってもらえるよって噂になったりして。若い子めっちゃ来るよね。」
斬新かつ大胆なアイデアに、会場にいる方からもクスクスと笑いが生まれていました。

そして終盤、お二人は人間関係×仕事について話し合います。
小山田さんからは「1人で出来るフリーランスみたいな仕事もあるし、それが合っている人もいる。でもそれを無双しても、続かないんじゃないかな。結局誰かと関わりながら仕事をしていかなきゃいけない。だからこそ、誰かに相談したり、誰かと関わることは仕事をする上で不可欠だよね。」と。

井上さんも「1人でやる仕事はほぼないですね。必ず誰かと一緒に仕事をすることになる。奈良サポステでは、コミュニケーションが苦手な方は、まずはコミュニケーションの練習をしてから応募、というステップアップの流れがあります。お仕事のことで悩まれている方、これからどうしようかと思われている方、ぜひ、わたしたちへ手を伸ばしてください。わたしたちも手を伸ばします。」

グリーン・マウンテン・カレッジ
1時間の対談が終わると、焚き火を囲み、知らない方と語り合います。
小山田さんからは「ボソボソと、知らない人と話をする。けど話さず、ただ焚き火をボーっと眺めているだけでもいい。沈黙があっても、火があることで気まずくならない。自由に動いてください。」と声掛けがありました。

焚き火の周りには、様々な人が集まります。
もちろん話が盛り上がっている焚き火もあれば、しんみりと静かな焚き火もあったり。
途中「今度サポステにお世話になってもいいですか…?」と井上さんにお声がけいただく場面も。
「手を伸ばす」という今回のテーマが、早速活かされていました。

グリーンマウンテンカレッジ
利用者さんはイベントの後半も薪をくべてくれたり、アルコール消毒をしてくれたり、しっかりと動いてくれ、奈良市の方々から大感謝のボランティア体験でした!
周りの状況を見て、指示を聞き、動く。そして感謝される。仕事にも直結する一幕だったと思います。
参加された皆さんお疲れさまでした!

そして小山田先生、奈良市アートプロジェクトの皆様、ご来場くださった皆様、貴重な経験をありがとうございました!

みんなのチカラを借りながら、しあわせな働き方を一緒にみつけていきませんか?

奈良若者サポートステーションは、面談やボランティア、職場見学・体験、各種セミナーなど、多彩なコンテンツで、あなたの「働く」を応援。
キャリアカウンセラーはもちろん、企業、地域の方々、社会人の先輩など、さまざまな知識や技術、人生経験をもつ奈良県にゆかりのある『人生相談員』たちが人生相談にあたります。

「働きたいけど、どうしたらいいかわからない」
「仕事に就いていない期間があって自信がない」
「なかなか仕事が長続きしない」

働くことにおいて悩みをもつ若者のみなさん、奈良県の人々のチカラを借りながら、しあわせな働き方を一緒にみつけていきませんか?
ぜひお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

イベント情報・お知らせ

イベント情報・お知らせ一覧へ

ブログ