人生相談所 in 奈良
就活に悩んだら、まずはお気軽にお電話下さい。 電話番号 0742-22-5121 平日9時から18時
ホーム > ブログ > vol.03【先輩インタビュー】フルックス 馬場さん「人と話すことが苦手な僕が出会った仕事。今は、毎日が新鮮で楽しい。」

vol.03【先輩インタビュー】フルックス 馬場さん「人と話すことが苦手な僕が出会った仕事。今は、毎日が新鮮で楽しい。」

2021.03.18
03【先輩インタビュー】フルックス 馬場さん「人と話すことが苦手な僕が出会った仕事。今は、毎日が新鮮で楽しい。」

大和郡山市の馬司に、カット野菜の分野で全国有数の規模を誇る株式会社フルックス(外部サイト)の工場があります。

今回は、若者サポートステーション(以下、サポステ)の職場体験を経てこちらで働いている馬場さんに、お話をうかがいました。

【先輩インタビュー】フルックス 馬場さん

話す練習をするところから、就活がはじまった。

馬場さん主な仕事は、カットされた野菜の袋詰めの作業です。まずは現在の率直な気持ちを尋ねると、「楽しいです」と笑顔で即答してくださいました。そんな馬場さんですが、サポステへ来る前は、保育士を目指していたと言います。

「実習とか行った上で、自分の中で諦めというか、はっきりと向いてないなと感じて。これからどうしようかと思いました」

専門学校を卒業して、迷いの中にあった馬場さんは、サポステにたどり着きます。

【先輩インタビュー】フルックス 馬場さん
もともと人と話すことが苦手な馬場さんは、サポステに来たばかりの頃も一生懸命考えるあまり、なかなか言葉にならないことがありました。

コミュニケーション面の課題を克服したいと考えていた馬場さん。まずは個別面談でじっくりと、自分の思いや考えを言葉にしていく練習をしていきました。
「家ではどんな風に過ごしているの?」「働くってどんなイメージ?」そんな話から、馬場さんとサポステの二人三脚がスタートしました。

【先輩インタビュー】フルックス 馬場さん

何事もやってみよう。ボランティア体験を通じて気づいた、自分自身の変化。

そんな中、サポステからの案内でボランティア体験に参加することになりました。初めてのボランティアは、「参加者の人に自分から話しかける」という課題を持って挑みます。気になるその結果は…「あんまりできなかった(笑)」とのこと。ただ、この経験は馬場さんにある変化をもたらしてくれたようです。

「積極的に行動するようになったかなぁと。ボランティアに行って、楽しいなぁって思ったことがきっかけで。こういう機会があったら参加しようかなって思いを持つことができたと思います」

【先輩インタビュー】フルックス 馬場さん
「参加者の人に自分から話しかける」という課題は上手くいかなかったけれど、人と関わることが楽しいと思えたと言う馬場さん。このことをきっかけに、何事にもチャレンジしようという気持ちが強くなったようです。

その後、グループワークやセミナーに参加しました。サポステでの時間を振り返ると、面接の練習が印象に残っていると話します。

「慌ててしまってというか、自分の考えていたことが言えなかった。言いたいことをまとめて、もうちょっと整理して伝えるということが、一番の課題だと思いました」

「その後、練習はしましたか?」と尋ねると、「しました。友達にも付き合ってもらったりして。自分から手伝ってお願いして」とのこと。
ボランティアをきっかけに積極的に行動するようになったという変化が、ここにも表れているようです。

【先輩インタビュー】フルックス 馬場さん

職場体験で出会ったフルックス。今は毎日が新鮮で楽しい。

面接練習を経て、いよいよ迎えた職場体験。意外にも、体験先は迷わずフルックスを選んだと言います。

「やってみたいな、と思ったので選びました。実際に体験して楽しかった」

保育士は向いていないと感じた馬場さんですが、一つの作業にもくもくと取り組むことは自分自身得意だと思っていたそう。実際に体験してみて、その考えは確信に変わったようです。

2日間の体験の中で、ライン作業が特に楽しかったと微笑む馬場さん。実は、フルックスに採用になってからもライン作業を担当しています。体験でのことがそのまま生かされているんですね。

【先輩インタビュー】フルックス 馬場さん
当初は、知らない人と話すことや知らない場所に行くことが苦手だった馬場さんですが、今では「応援で他の班に行くことがあって、いつもやっていることと全く違うことができるのが、新鮮で楽しいです」と話してくれました。頼もしい一言です。
これからもフルックスで継続して働いていきたいと言います。今は、作業がもっと速くできるように頑張っているそうです。

【先輩インタビュー】フルックス 馬場さん
最後に、未来のサポステ利用者へのメッセージをお願いしました。

「迷ってるなら来たほうがいい。自分がそうだったので」

はっきりとした実感があるからこその、力強い言葉をいただきました。

【先輩インタビュー】フルックス 馬場さん
世の中には、あなたがまだ見ぬ仕事、職場がたくさんあります。
相談してみること、職場体験を利用してみることは、きっとあなたの未来を変えるための一歩になります。
ぜひサポステの門を叩いてみてくださいね。

(取材:中井・靍)

先輩&企業インタビュー

奈良サポートステーションで職場体験から就職された先輩と、体験先企業の担当者様にお話いただきました。
vol.01【先輩インタビュー】あすか燻製工房 前川さん「不安だらけの中、がむしゃらにやっていくうちに、見えてきた自分の道。」

vol.02【企業インタビュー】さくらバーガー オーナー 山戸旬人さん 「一つできることが増えたら、一つ自分の幅が広がっていく。」

vol.03【先輩インタビュー】フルックス 馬場さん「人と話すことが苦手な僕が出会った仕事。今は、毎日が新鮮で楽しい。」」

vol.04【企業インタビュー】フルックス 総務人事部 マネージャー 田村光庸さん 「野菜も人も、我が子のように。」

あなたも、奈良若者サポートステーションを使ってみませんか?

あなたも職場体験をしてみませんか?
就職に関するご相談をお待ちしています。利用は無料です。お気軽にお問い合わせくださいね。
▼就活に関する相談や、サポステへのお問い合わせはコチラ

▼「見るだけ・聞くだけOK」のサポステ説明会(オンライン)はコチラ

イベント情報・お知らせ

イベント情報・お知らせ一覧へ

ブログ